読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garbagetown

個人の日記です

google mobile app


ただ safari へのショートカットを掻き集めただけじゃねえか、と罵倒されていた iPhone アプリ google mobile app ですが、google 音声検索の日本語対応で一気に神アプリに昇格した気がします。

音声検索とは

まずは次の動画をご覧ください。

google らしいと言えば google らしいのですが、プロダクトマネージャ本人が出演しているため、いまひとつ華やかさに欠けるものの、それ故にテレビの向こう側感みたいな胡散臭さが無く、その威力をリアルに感じられたのではないでしょうか。
実際に使ってみたところ、音声認識の精度、検索の速度共に動画の通りでした。誇張無しです。

これまでの音声入力

音声インタフェースを備えたガジェットはこれまでにもいくつか存在しており、さほど真新しいものではないのですが、google mobile app が一線を画しているのは、ユーザインタフェースだと思います。
これまでの音声インタフェースは、ガジェットを手に取って「機械相手にお話する」スタイルだったので、なにかバカみたいなことをしている感が拭えず、そのうえ音声認識の精度が悪いため「ワ・レ・ワ・レ・ハ・ウ・チュ・ウ・カ・ラ・ヤッ・テ・キ・タ」みたいに入力しなければならず、より一層バカみたい感が増すものでした。
挙句、ここまでやっても「認識できませんでした」とか言われるので、良くて虚しい、悪いと死にたくなるという、こんなもん使い続けられるのはよっぽどのバカか変態のどちらか、というシロモノでした。

これからの音声入力

ところが、google mobile app は iPhone の近接センサを有効に活用しており、「iPhone が耳に近付けられた」ことを感知すると、音声検索が自動的に有効になります。このスタイルであれば、通常の電話と何ら変わることなく操作できます*1
また、音声認識の精度も極めて優れており、perfumedream fighter をガンガンに鳴らしている状態で入力しても正確に認識します。
さらに(音声入力とは関係ありませんが)入力したキーワードと検索結果のブレがほぼ無く、例えば iPhone に向かって「東京から新宿まで、終電」と言えば 0.5 秒で終電情報が表示されると言った具合です。感覚的には iPhone が忠実なエージェントになったかのような感じ。
じわじわと未来が近付いてきました。興奮します。iPhone ユーザは即インストールしろ。無料です。

*1:動画を観る限り android は音声入力をタップしないとダメっぽいですが、android のことなど知りません