読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garbagetown

個人の日記です

VirtualBox

部内プレゼン向けにプロキシ環境下のパソコン内に VirtualBox を使って仮想LANを構築したので手順をメモっておきます。

前提条件

  • ホスト os : windowsxp sp3
  • ゲスト os : ubuntu 9.10 server

VirtualBox のダウンロード

まずは Downloads - VirtualBox から virtualbox をダウンロードします。
今回はホスト os に windowsxp を使用するので、画面上部の "VirtualBox 3.1.6 for Windows hosts" から VirtualBox-3.1.6-59338-Win.exe をダウンロードしました。

VirtualBox のインストール

ダウンロードした VirtualBox-3.1.6-59338-Win.exe を実行するとインストーラが起動し、次のような画面が表示されるので [Next] をクリックします。



ライセンス条項の確認画面が表示されるので、がんばって読むか勇気を出してスルーしたら "I accept the term 〜" をチェックして [Next] をクリックします。



インストール内容のカスタム画面が表示されます。virtualbox の超エキスパートでもない限り特に変更する必要はありません。日本人らしい奥ゆかしさを発揮してそのまま静かに [Next] をクリックします。



ショートカットの作成先選択画面が表示されます。個人的にショートカットは邪魔くさくてきらいなのでチェックを全て外しました。お好みでショートカットの作成先選択したら [Next] をクリックします。



virtualbox のインストール中にネットワークを一時切断するという警告画面が表示されます。鬼デカい .iso ファイルなんかのダウンロードは別途済ませておいたほうが良いことを肝に銘じたら [Yes] をクリックします。



以上でインストールの準備は完了です。[Install] をクリックします。



インストールが完了するまでしばし待ちます。



インストール途中で何度かおっかないことを言われますが、ここは強い意志で [続行] をクリックします*1



手を変え品を変え脅されますが、屈してはいけません。[続行] をクリックします*2



次の画面が表示されたらインストールは完了です。[Finish] をクリックして virtualbox を起動します。

ユーザ登録

virtualbox を起動するとユーザ登録フォームが表示されます。特にニュースや更新情報が必要ない場合は [キャンセル] をクリックします。

*1:自己責任で実施してください。当方 virtualbox をインストールして二週間ほどが経過していますが、特に OS が不安定になったという印象はありません。

*2:自己責任で(以下略)