読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garbagetown

個人の日記です

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)


ずっと気になっていながら読みそびれていた本をようやく買いました。
ご存知 Ruby on Rails の作者であるデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンが勤める先進的企業 37signals の仕事に対する考え方をまとめた書籍です。文庫本と同じ大きさで 175 頁程度だったので、三日程度で読了しました。
37signals はこの書籍の出版時点で社員数 16 名で、各社員は二大陸八都市に散らばっていたり、週休三日制を採用していたり、社員全員にクレジットカードを渡して経費の裁量を任せるなど、型破りな運営を実践しつつ、確かな成功を収めている事で世界中から注目されています。
そんな企業の仕事に対する考え方はどのようなものか要約すると

  • 必要最低限のことを
  • 自分で
  • 今すぐ

やろう、ということだけのようです。
とても当たり前のことのようですが、少なくともぼくの周りでは仕事の目的と手段を取り違えてしまう人や企業がまだまだ多く、ぼくを含め誰も彼もがやらなくていいことに縛られてきゅうきゅうとしているように見えます。
日本と諸外国の事情の違いもあると思うので、一概に 37signals のやり方が素晴らしいとは言えないと思いますが、

  • 自分は何をしたいのか
  • 自分は何をするべきなのか
  • 自分は何をしてはいけないのか
  • 自分は何ができていないのか

を改めて見直すには良い本だと思います。