garbagetown

個人の日記です

在宅勤務環境 2021 課題と対応編

在宅勤務環境アップデートメモの課題と対応編です。その他は以下に書いていきます。

用意した物をセットアップして使ってみたところ、いくつか課題が発生したので対応しました。

足元をすっきりさせたい

ケーブル類が足元に散らかる課題は事前に認識していましたが、以下の理由からケーブルトレーの購入は見合わせていました。

  • ディスプレイやドッキングステーションの AC アダプタの大きさをリアルに想像できない
  • クランプ式とネジ止め式のどちらが欲しくなるか想像できない

実際に届いた物を確認すると、AC アダプタはそれなりに大きく、140 cm x 70 cm の天板の裏側はスペースに余裕がありました。

また、机と椅子 編で書いた通りドリル欲を持て余していたので、下記の動画を参考にケーブルトレーを自作しました。

www.youtube.com

電源ケーブルや電源タップも結束バンドでデスクに固定して、足元をすっきりさせました。電源ケーブルだけデスク昇降の影響を受けるので緩めに固定する必要があり、座り高さではたるんで飛び出してしまいますが、及第点だと思っています。

近所のダイソーで手に入る黒の結束バンドは長さが 20cm でギリギリ足りなかったので、二本ずつ組み合わせて使っています。電源ケーブルに "たばねて使用しないでください" と書いてありますが、見なかったことにしています。

4 個口の電源タップがすべて埋まってしまいスマートフォンなどの充電に不便なので、6 個口くらいのものに買い換える予定です。

ついでに素朴なヘッドフォンフックも自作しました。ピントが合っておらず見えにくいですが、フックをネジ止めして滑り止めに細く切ったビニールテーブを巻いています。

下記のとおり材料費 700 円 (税別) で足元をすっきりできてドリル欲も供養できたので、とても満足しています。

  • セリア: インテリアフックモノクロ x 4
  • セリア: ワイヤーシンプルトレー L x 1
  • セリア: アイアンフック L 型 x 1
  • ダイソー: 結束バンド黒 20cm 30 本入り x 1

ビニールテーブは子どもの工作箱から拝借したので費用に含めていません。

モニターアームにラップトップをマウントしたい

ディスプレイ編 で書いた通り、ディスプレイとラップトップをそれぞれモニターアーム にマウントしました。ディスプレイはすんなりマウントできましたが、ラップトップは重量が軽過ぎるためかアームを手で押し下げても跳ね上がってしまい、好きな位置で固定できませんでした。

マウントトレイが 1kg でラップトップが 1.3 kg なので、モニターアームの最低重量 2.3 kg はギリギリ満たしています。取り扱い説明書を読み、インターネットで検索しましたが解決できませんでした。

いろいろ実験してみたところ 2kg ほど足りないようだったので、Amazon で "2kg 重石" などと検索して最終的にスキューバダイビング用のウェイトが良さそうだと見当を付けました。

カートに入れるところまで進みましたが、なにか間違っているような気がしてならなかったので職場の Slack で質問したところ、取り扱い説明書には載っていない調整ネジの存在を教えてもらいました。下記動画の 9 分 30 秒あたりで解説されているネジです。

Amazon ベーシックのモニターアーム はエルゴトロンの OEM 製品なので、エルゴトロンのノウハウも検索すると良いことを教えてもらいました。

www.youtube.com

このネジを調整することで、好きな位置にラップトップを固定できるようになりました。スキューバダイビング用のウェイトを買わずに済み、とても感謝しています。

31.5 インチディスプレイで高画質動画を視聴したい

これも ディスプレイ編 で書いた通り、ディスプレイを検討する際に高画質動画も視聴したいと考えて 31.5 インチ 4K ディスプレイを選択しました。しかし、下記の構成で Amazon Prime Video を視聴したところ、SD 画質で再生されてしまいました。

[MacBook Pro] -(Thunderbolt3)-> [Belkin F4U097JA-A] -(DisplayPort)-> [Google Chrome/LG 32UL750-W]

Google Chrome にインストールしているブラウザ拡張などが影響している可能性を考えて Firefox に変更しても解決しません。Safari に変更すると下記エラーになり再生できませんでした。

お使いのデバイスはコンテンツ保護の基準を満たしていないため、このビデオを再生することはできません。すべてのディスプレイとケーブルはHDCPに準拠している必要があります。セカンドモニターやTVなどのビデオデバイスをパソコンから取り外してページを更新し、もう一度お試しください。詳細については、トラブルシューティングのヒントを参照してください。問題が解決しない場合は、www.amazon.co.jp/video/contactusでAmazonカスタマーサービスに問い合わせて、エラー7279とお伝えください。

LG 32UL750-W は HDCP 2.2 に対応しているので、ケーブルが HDCP に対応していない可能性が考えられました。Belkin F4U097JA-A には HDMI ポートがないので、これまで使っていた別のドッキングステーションに変更して HDMI ケーブルで接続してみましたが、やはり解決しません。

これも職場の Slack で相談したところ、次のとおりアドバイスしてもらいました。

  • MacOSサードパーティのブラウザに HDCP 信号を送らないので、ブラウザには Safari を使う必要がある
  • ドッキングステーションかケーブルが HDCP に対応していない可能性が考えられるので、MacBook Pro から直接ディスプレイに接続してはどうか

これを受けて下記のように接続したところ、無事に HD 画質で再生されました。

[MacBook Pro] -(USB-C)-> [Safari/LG 32UL750-W]

これで万事解決、と思いきや今度は数時間おきに数秒ほどディスプレイがブラックアウトするようになりました。インターネットで検索してみると同じ事象が報告されていました。

bbs.kakaku.com

ファームウェアを更新すると直るとありますが、一年前の情報なので当てになりません。修理に出すと直るという情報もありましたが、面倒ですし数日間ディスプレイなしの生活は送れません。

そのうち IPS ディスプレイに買い換えそうな予感がすること、それほど頻繁に動画視聴するわけではないことから、原因追求は棚上げして運用対処することにしました。ふだんはドッキングステーションを経由して DisplayPort ケーブルで接続して、動画視聴するときだけ直接 USB-C ケーブルで接続しています。

課題と対応については以上です。次回はまとめを書きます。

在宅勤務環境 2021 ドッキングステーションと小物編

在宅勤務環境アップデートメモのドッキングステーションと小物編です。その他は以下に書いていきます。

ドッキングステーション

ディスプレイ編で少し触れた通り、周辺機器の種類や数によってはダウンストリーム USB ポートと給電対応 USB-C ポートがついたディスプレイを用意して、ラップトップと USB-C ケーブル 1 本で接続する構成が考えられます。

自分の場合は下記の通り周辺機器が多く、かつ手の届きやすいところに USB-C ポートが欲しかったため、別途ドッキングステーションを用意する構成を考えました。

  • DisplayPort/HDMI/USB-C
    • ディスプレイ
  • USB-A x 3
    • キーボード
    • マウス
    • ヘッドセット
  • USB-C x 3
    • ラップトップ (61W 以上)
    • 多要素認証用デバイス (頻繁にタッチするため手の届きやすいところ)
    • ウェブカメラ

この要件を満たす製品をいくつか検討して、最終的に Belkin の F4U097JA-A を買いました。

F4U097JA-A の詳細は、こちらの記事が詳しいです。

smartparty.jp

付属している電源ケーブルが 3 ピンタイプのものですが、自分が使っている電源タップは 3 ピン対応なので問題になりません。また、電源アダプタが大きいですが、自分は自作したケーブルトレーに押し込んで隠してしまったので気にしていません。

自分には前面の USB-A/USB-C ポートがとても使いやすいですし、なにより見た目がかっこいいです。買ってよかったと思います。

コストパフォーマンスを重視する場合や 100W 以上の給電要件がある場合などは、なぜか常にセールになっている HP Thunderbolt3ドック 120W G2 がよいと思います。

jp.ext.hp.com

ウェブカメラ

これまでオンラインミーティングに MacBook Pro の内蔵カメラとヘッドセットを使っており、下記の課題がありました。

  • 逆光に弱く顔が暗く映る
  • 長時間ヘッドセットをつけているとメガネのツルが顔に押し付けられて痛い

この課題を解決したいと考えて、ロジクールの C980GR を買いました。一点目の課題は単純によい性能のカメラで解決し、二点目の課題は Bluetooth イヤホンと C980GR 内蔵マイクで解決できると考えました。

一点目の課題は解決しました。ただし、ウェブカメラの導入と同時に作業場所を変えたために逆光ではなくなり、MacBook Pro の内蔵カメラでも問題なくなってしまったので勇み足だったかもしれません。

また、二点目の課題は通話相手がいないと取り組めず、時間が限られている業務ミーティング中に試行錯誤するわけにもいかないため、いったん保留しています。

31.5 インチのディスプレイにマウントして使っているので、当然ながら上方から見下ろすように映ってしまい、通話相手と目線を合わせることができません。三脚マウントも付属しているので別途アームを用意すれば解決できそうですが、あまりごちゃごちゃさせたくないので悩ましいところです。

Wi-Fi 無線 LAN 中継機

変更後の作業場所にはリビングに置いた無線 LAN ルーターからの電波が届きにくかったので、Wi-Fi 無線 LAN 中継器を買いました。

コンセントに挿すだけで設置できるので便利です。無線 LAN ルーターの設定を引き継いでくれるのでクライアント側の Wi-Fi 設定を変更する必要もありません。中継機用 SSID でも接続できるので、中途半端に電波が弱い場所で親の無線 LAN ルーターに接続してしまう場合は明示的に中継機に接続することもできます。

自分の使い方が悪いのか 1 日に 2~3 回の頻度で MacBook ProWi-Fi 接続が切れてしまうことがあり、30 秒ほど待ってから再接続しています。数千円で手軽に問題を解決できたので概ね満足していますが、本格的に対応する場合はメッシュ Wi-Fi を組むと良いようです。

Echo Dot

いい機会だったので、以前に気紛れで買って持て余していた第 3 世代 Echo Dot も導入しました。リビングにある Echo Pod と違い画面がないので、Bluetooth 接続した iPhone から Alexa アプリで Wi-Fi やアカウント情報などを設定するのが面白かったです。

主に時計と天気予報、昼寝する際のアラーム、業務中の BGM 再生に使っています。BGM と言っても、自分は音楽がかかっていると仕事に集中できないのでスキルで環境音などを流しています。

自然の音

自然の音

  • 発売日: 2020/12/29
  • メディア: アプリ

仕事に没頭していて気が付いたら日が暮れている場合があり、椅子から立ち上がって電気のスイッチを押しに行くのが面倒なので、Alexa にお願いしたいところです。SwitchBot との組み合わせも面白そうなので機会があれば試してみたいと思います。

ドッキングステーションと小物については以上です。次回は DIY について書きます。

在宅勤務環境 2021 キーボードとマウス編

在宅勤務環境アップデートメモのキーボードとマウス編です。その他は以下に書いていきます。

キーボード

キーボードは 2019 年 6 月に購入したリアルフォースの US 配列オール 30g を引き続き使っています。

こちらの記事を参考に Karabiner-Elements で左 Command キーで IME オフ、右 Command キーで IME オンにしています。加えて、左 Control キーと CapsLock キーを入れ替えています。

decoy284.net

以前はキーボードに数万円を費やす感覚が理解できませんでしたが、すっかり手放せなくなりました。またキーボードを買う機会があれば、今度は分割キーボードにチャレンジしたいと思います。Moonlander が気になっています。

www.zsa.io

www.youtube.com

人はこうして沼にハマっていくんですね。

マウス

評判のいいロジクール MX Master 3 を買ってみました。

MX Master 3 の詳細はこちらの記事が分かりやすかったです。

smartparty.jp

自分は現時点では次に挙げるものくらいしか使いこなせておらず、豚に真珠状態です。

  • 超高速スクロール
  • サムホイールを使ったブラウザのタブ移動
  • サイドボタンを使ったブラウザの戻る/進む
  • ジェスチャーボタンをカスタマイズしてブラウザのタブを閉じる

使うアプリケーションごとにゴリゴリにカスタマイズしていけば便利になりそうですが、依存性が高まるので悩ましいところです。

まだ開封していませんが Magic Trackpad 2 も買いました。

Apple Magic Trackpad 2 - スペースグレイ

Apple Magic Trackpad 2 - スペースグレイ

  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: Personal Computers

MX Master 3 と使い分けてみて、自分の作業により適した方を使っていこうと思っています。

リストレスト

キーボード用リストレストはこちらの商品を使っています。

同じく在宅勤務している妻のリクエストでキーボードとマウスのリストレストをセットで買いましたが、キーボード用は高さが合わず使えないとのことで、お下がりをいただきました。

無いよりはあったほうがいいな、という感想です。

キーボードとマウスについては以上です。次回はドッキングステーションについて書きます。

在宅勤務環境 2021 ディスプレイ編

在宅勤務環境アップデートメモのディスプレイ編です。その他は以下に書いていきます。

最終的に LG の 32UL750-W を買いました。31.5 インチ / 4K / VA パネルです。概ね満足していますが、ベストな買い物ではなかったと思っています。

ディスプレイは、サイズや解像度、パネル方式などの組み合わせにより選択肢が非常に多いため、今回のアップデートでいちばん悩みました。この製品に辿り着いた経緯や使ってみた印象を忘れないようにメモっておきます。

サイズと数

ラップトップは 13 インチ MacBook Pro を使っています。職場ではこれに加えて 24 インチのディスプレイを二枚使っていました。在宅勤務になってからは、このうち一枚を持ち帰って使っていました。

27 インチを二枚買うことも考えましたが、要件を以下のように整理して大きいサイズを一枚買うことにしました。

  • 主に仕事で使う。仕事の内容はテキストの読み書き。
  • ときどき動画視聴にも使いたい。
  • 基本的にゲームには使わない。
  • MacBook Pro からのデュアルディスプレイ出力など配線周りで苦労したくない。

40 インチ超えのディスプレイを使っている方々にアドバイスを求めたところ、使う人や環境を選ぶ印象を受けたのでヒヨって 31.5 インチにしました。

解像度

解像度は WQHD と 4K の二択で迷い、以下の理由から 4K を選択しました。

  • 4K で試してみて文字が小さ過ぎた場合は解像度を下げればいい。
  • 動画配信サービスの 4K 対応に備えて可能性を残しておきたい。

解像度について調べてみたところ、中途半端に解像度を下げると GPU に負荷が掛かるらしいこと、リフレッシュレートやケーブルの種類にも注意する必要があることなども分かりました。

時間が無限にあればもうちょっと調べてみたいところでしたが、このへんは実際に使ってみないことには分からんだろうと言い訳して、いったん理解を棚上げしています。

パネル方式

ようやく選択肢がかなり絞れたと安心したのも束の間、まだ考えなければならないことがありました。液晶パネル方式です。

液晶パネル方式の違いは、この記事が分かりやすかったです。

chimolog.co

こちらの記事の比較表が自分の理解と一致したので引用します (有機 EL は省略)。

corriente.top

TN VA IPS
画質
値段 安価 普通 高価
応答速度 少し速い 遅い 若干遅い※1
発色 少し悪い 普通 良い
コントラスト
視野角 狭い 若干狭い ※2 広い

※1 オーバードライブ技術で応答速度が若干改善された製品もある
※2 視野角を広くしたモデルも中には存在する

基本的にゲームはしないので応答速度はあまり気になりません。値段とコントラストを重視するなら VA を選び、画質と発色、視野角を重視するなら IPS を選ぶと理解しました。

LG 32UN650-W

ここまで情報を仕入れて 価格.com で比較したところ、軒並み 10 万円越えが並ぶ 31.5 インチ IPS パネルのうち、VA 並みの価格かつレビュー評価も高い製品がありました。 LG 32UN650-W です。

ダウンストリーム USB 端子がないので、ディスプレイを USB ハブにして、使うケールブはラップトップとディスプレイをつなぐ USB-C ケーブル 1 本だけという構成を検討している人には向きませんが、自分は別途ドッキングステーションを用意する予定だったので問題になりません。

これがベストと思いましたが、気が付いたときには在庫切れになっていました。現在も 2021-01-20 の入荷待ち状態です。

LG 32UL750-W

以上の経緯で LG 32UN650-W をあきらめ、どうせ正面からしか見ないので VA でも問題ないだろうと考えて LG 32UL750-W を買いました。

下記のようにドッキングステーションを経由してディスプレイポートでつないでいます。実はこの構成だと地味な問題が起こるのですが、それは後日また書きます。

[MacBook Pro] -(Thunderbolt3)-> [Belkin F4U097JA-A] -(DisplayPort)-> [LG 32UL750-W]

まず、31.5 インチ 4K は正解だったと思います。WQHD (2560x1440) は解像度が低過ぎて表示できる情報量が物足りませんでした。4K (3840x2160) でも読めないことはありませんが、文字がちょっと小さく感じたので擬似解像度 3360x1890 に設定しています。パフォーマンス面では不利な設定になるはずですが、とくに不都合は感じていません。

画面左半分にブラウザ、右上にエディタ、右下にターミナルを表示して、ひとつのディスプレイで仕事ができるようになりました。Slack などのコミュニケーションツールはラップトップに表示して、必要な時だけ目を向けています。

VA パネルのためか、MacBook Pro の画面と比べるとトレーシングペーパーを一枚かぶせたような、うっすら白くザラついた画質です。また、正面以外から見ると VA パネルなので当然ながらさらに白っぽくなります。実用上はまったく問題ありませんが、IPS パネルを使ってしまうと VA には戻れないだろうな、という予感がします。

ディスプレイの明るさなどを操作する OSD ジョイスティックがとても使いやすいのは想定外でした。PC から操作できるソフトウェア CD も同梱されていましたが、面倒なのでインストールしていません。

電源アダプタがドッキングステーションと同じくらい大きいので、デメリットと感じる人も多いと思います。自分は自作したケーブルトレーに押し込んで隠してしまったので気にしていません。

モニターアーム

LG 32UL750-W とラップトップはモニターアーム にマウントして使っています。念のため補強プレートも挟みました。

モニターアームは以下の動画などを参考にしました。Amazon ベーシックのモニターアームはエルゴトロンの OEM 製品なので、エルゴトロンのマニュアルやノウハウが流用できます。

www.youtube.com

マウントトレイは以下の動画を参考にしました。ラップトップのマウントは地味に苦戦したのですが、それも後日また書きます。

www.youtube.com

モニターアーム を使うとディスプレイが前にせり出して来ないのでデスクを広く使えますし、デスクにたまったほこりをさっと払ったりするときにも便利です。ディスプレイが宙に浮いている感覚には言葉に表しづらい良さがあり、買ってよかったと思います。

ディスプレイについては以上です。次回はキーボードとマウスについて書きます。

在宅勤務環境 2021

当初は半年くらいかなと楽観視していた状況が一向に収束する気配を見せず、すっかり通勤できない身体に仕上がってしまったので在宅勤務環境をアップデートしました。

現在はこんな感じ。

事前に調べたこと、実際に使ってみた感想を忘れないようにメモっておきます。長くなりそうなので、今回は机と椅子について書き、残りは以下のように適当に分割してぼちぼち書いていこうと思います。

デスク

電動式昇降デスク FlexiSpot EJ2 を天板セットで買いました。フレーム、天板ともにブラックです。

flexispot.jp

周囲にもユーザーが多いなどの理由から FlexiSpot を選びましたが、フレームや天板の種類がたくさんあってどれを買えばいいのか分かりませんでした。

最終的にカゲノデスクさんの詳細な比較記事が決め手となり、EJ2 に落ち着きました。

kagesai.net

まだ 10 日ほどしか使っていませんが EJ2 にしてよかったと思います。自分は大柄なので EJ2 のデメリット最低高 72 cm は問題になりません。座り 75.5 cm 立ち 115 cm で使っています。

アラーム機能がありませんが必要性を感じません。

障害物探知機能の必要性を理解できていませんでしたが、実際に使ってみると肘掛けがデスクリモコンに当たる位置に椅子をズラした状態でデスクの高さを立ちから座りに変更してしまいヒヤっとする場面が何度もあり、とても助かっています。

天板について調べると、マルトクかなでもの で別途購入する自作勢の情報が多く、FlexiSpot 公式天板を買ったら負けみたいな雰囲気を感じて不安になりましたが、こちらもカゲノデスクさんの比較記事が参考になりました。

kagesai.net

ディスプレイには 32 インチのものを検討していたので、天板のサイズは 140 cm x 70 cm にしました。洋風天板の Gray Wood Grain が気に入りましたが、120 cm x 60cm のみの提供だったので残念ながら見送りました。

ディスプレイなどをひと通り設置した印象として横幅は 120 cm でも問題なかったように思いますが、奥行き 60 cm は厳しかったように思います。

厚さ 2.5 cm の天板はとてもしっかりしていて、ディスプレイアームを二つ付けても不安感はありません。カゲノデスク さんに記載の通り指の跡が付きやすいですが、許容範囲内です。

組み立て

www.youtube.com

組み立て手順は公式の動画が分かりやすいです。あらゆるブログや動画で触れられている通り、とても重いので二人以上で作業することをおすすめします。

脚は付属の六角レンチで組み立てられますが、天板の固定には電動ドライバーがあったほうが便利です。ビームを取り付けるネジ部分には下穴が空いていない箇所があるので、2.5 mm のドリルビットも用意すると良いです。

電動ドライバーの比較は 【徹底比較】電動ドライバーのおすすめ人気ランキング17選【2020年最新版】 が分かりやすかったです。価格と仮面ライダーみたいな色味が気に入ったので、No.2 として紹介されていたアイリスオーヤマの JCD28 を買いました。

電動ドライバーを購入するのは初めてなので他の製品と比較できませんが、問題なく使えています。

勢い余ってドリルビットのセットも買いましたが、後日ダイソーで 2.5 mm のドリルビットを発見して悔しかったので今後も無駄に穴を開けたいと思っています。

チェア

ブログを読み返したところ、オフィスチェアについて記録していませんでした。昨年 8 月に購入したものを引き続き使っています。

現時点で Amazon にはオレンジとグリーンのみ出品されていましたが、ブラックを使っています。

nogamincho.hatenablog.com

オカムラエルゴヒューマンなどの十万円超エグゼクティブチェアを選ぶ勇気と財力はないものの、安いものを使って腰痛を再発させたら治療費がもったいないと悩んでいたところ、のがみんちょさんのブログでこの製品を知りました。

おかげで毎年寒くなると悩まされていた腰痛も今のところいい調子です。購入直後はリクライニングするとギィギィと音が鳴りましたが、使い続けているうちに解消しました。

セールタイミングではなかったこともあり値は張りましたが、ブラックがほしかったのでブラックは高いものと自分に言い聞かせて満足しています。のがみんちょさん、ありがとうございました。

在宅勤務メモ

こんなご時世のため三月から基本的に在宅勤務しているので買い物メモ。

関連ツイートはこの辺り。

職場から持ち帰った備品が写り込むので画像は自粛。外国のえらい人たちが余裕でいろいろな写真を SNS に投稿しているので問題なさそうだけど。

面倒でアフィリエイトは貼っていないのでお気軽におポチりください。

買ったもの

DMM.make 卓上昇降デスク デュアル720ブラック DKS-LDD720B

  • 腰痛持ちのため自宅にあるダイニングチェアやソファで長時間働くと腰が死ぬ。
  • 段ボール箱を重ねてスタンディングデスクにしたところヒザが死にかけたため購入。
  • 高さ 72cm のキャビネットに乗せて使用。キズ防止のため緩衝材として同梱されていた厚さ 2cm ほどの発泡スチロールを噛ませて設置。
  • 本体重量 14.2kg で成人男性なら一人で設置可能。
  • ディスプレイ一枚とラップトップをぎりぎり横に並べられる。
  • ガス式で無段階調整可能。右手側のレバーを握り込んで上げ下げする。
  • ガス圧は強めで天板に何も乗せていないとレバーを握っただけで力強く上がる。ディスプレイやラップトップなど一式を乗せるとレバーを握っただけでは上がらず、自分で軽く押し上げてやる必要がある。
  • 上限 505mm まで上げると立ったときにキーボードトレーの位置がいい感じ (身長 184cm の場合)
  • 下限 120mm まで下げると座ったときにキーボードトレーの位置がいい感じ。キーボードトレーが前に迫り出してくれるのでイスに座ってもヒザが少しキャビネットに当たる程度。
  • 本体、キーボードトレーともに剛性は必要十分という印象。平穏な気持ちでタイプするぶんには問題なく、感情が高ぶってくると多少揺れる。
  • 一週間程度使った感想としてはとてもいい。基本的に立って使っていて、気分や疲労に応じて小まめに上げ下げして使っている。
  • 参考価格 ¥18,700 が ¥14,236 にディスカウントされている。費用対効果を考えるといい買い物だったと思う。

エレコム 電源タップ 3ピン マグネット付 4個口 2.5m ホワイト T-T1B-3425WH

  • USB Type-C ハブのコンセントが 3 ピンで自宅にあった電源タップが使用できなかったため購入。
  • 下記ラップトップスタンドと併せて購入し総額 ¥2,000 超としたところラッシュ便を指定することができた。06:00 頃に注文して当日 15:00 頃に配達された。

NEXSTANDノートPCスタンド ノートパソコン PCホルダー 折り畳み式 放熱 軽量 携帯便利 高さ 角度 8段階調整可能 肩こり腰痛対策 Macbook ノートPCスタンド 正規品

  • ラップトップを直接デスクに置くと視線が下がって首が死ぬ。
  • 在宅勤務とは直接的に無関係だが、いい機会なので購入。
  • Roost が先駆けらしいが値段の桁が違うので断念
  • 本体はかなり軽い。
  • ラップトップを乗せると乗せるとしっかり安定する。基本的に外付けキーボードを使っているが、たまにラップトップのキーボードをタイプしてもまったく問題ない。
  • ¥2,980 で購入。こちらも費用対効果を考えるといい買い物だったと思う。

日経コンピュータ 2019 年 9 月 5 日号を読んだ

以下の内容だけ読んだけど多分すぐに忘れるので思ったことをメモ。

特集 みずほ3度目の正直
・みずほ3度目の正直 ついに崖越え、勘定系再構築の全貌(026p)
スカイツリー7本分 30年ぶりの全面刷新(028p)
バッチ処理を解体 みずほSOAの全貌(032p)
・最大8000人が連携 品質確保に悪戦苦闘(038p)
・緊張と重圧の1年間 20年の悲願ようやく(046p)
みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井 辰史 氏(052p)
緊急版 動かないコンピュータ
・米アマゾン ・ ウェブ ・ サービス
AWSが6時間停止、30社超に影響 バグで空調が止まりオーバーヒート招く(006p)

きっかけはツイッター

緊急版 動かないコンピュータ

米アマゾン ・ ウェブ ・ サービス

  • AWSが6時間停止、30社超に影響 バグで空調が止まりオーバーヒート招く(006p)

ネットで入手できる以上の情報はなく、冊子としてまとまっていることに価値があるという印象。

以下に引用した通り RDS が PaaS と表記されており、ちょっと違うかなと思った。

PaaS (プラットフォーム・アズ・ア・サービス) であるリレーショナルデータベース (RDB) サービスの「Amazon RDS」

自分が調べた限りネットの情報ではこのあたりが詳しい。

特集 みずほ3度目の正直

以下のサイトでも会員登録していれば同じ内容を見られるようだけど、自分は会員ではないので分からない。

30年ぶりの全面刷新

  • Q01 結局いくらかかった?
  • Q02 そもそも何をやっていた?
  • Q03 完成まで何年かかった?

景気が良かった頃は 10 年程度でシステム刷新をくり返してきたが 1990 年頃にぱたりと止まり、また合併の際にシステムを片寄せし続けたためにブラックボックスとなっていた。

このままシステムを使い続けることはできず、2025 年までになんとかしなければならないとする "2025 年の崖" という課題があった。構想 20 年、東日本大震災義援金振り込み障害など二度の大規模障害を経て三度目の正直。

総コストは 35 万人月、4000 億円台半ばとのこと。

振り返ってみればコストを削減できたところは多々あるだろうけど、もし仮に半分で済んだとしても、前職では高々数億円規模の案件にしか関わっていない自分には想像もできない規模。

みずほSOAの全貌

  • Q04 「老朽化」問題は解決した?
  • Q05 二重引き落としは再発しない?
  • Q06 メインフレームはなくなった?

ハブ & スポーク型の SOA を採用。

取引メイン、流動性預金、内国為替取引はメインフレーム、SAIL なるミドルウェアCOBOL で構築しており、その他は LinuxJava で構築。メインフレームは 19 台から 4 台に集約とのこと。

メインフレームCOBOL と聞くと真っ先にレガシーという言葉を思い浮かべてしまい、脊髄反射的に関わりたくないと思ってしまうが実際のところはどうなんだろう。

ざっと調べた限りではメインフレームCOBOL には二進化十進法による誤差のない計算と、高速/高並列処理に利点があるらしい。

海外の金融システムがどのような事情になっているのか気になって調べてみたけど、日本語で検索したためか有用な情報は得られなかった。

最大8000人が連携

  • Q07 参加ベンダーは何社?
  • Q08 本当に新規開発した?
  • Q09 プロジェクトはどう管理した?
  • Q10 稼働を 2 度延期、本当の理由は?
  • Q11 開発拠点はいくつあった?

主要 4 ベンダーは富士通日立製作所、日本 IBM および NTT データで、トップマネジメント定例メンバー 16 社のうちアプリケーション開発ベンダー 5 社として前職の社名が掲載されていた。

1 次委託先 70~80 社、2/3 次委託先として 900 社強とのこと。

いわゆる多重下請け構造であり、幸か不幸か金融案件に関わったことがないものの前職に身を置いていたものとして、どのように工程管理されていたか想像がつく。

As-is, いわゆる現行踏襲の要件定義を禁止し、Xupper なるツールで業務フローを描き起こしたという点は興味深かった。自分たちが使うシステムをベンダ任せにせず取り組む良い前例になってほしい。

超高速開発ツールを全面活用して手動コーディングを禁止したという点も興味深かった。当然のことながら不満も出たものの品質確保に貢献し、パフォーマンスにも問題はなかったとのこと。私情を挟むと揺れるところもあるが超大規模開発であれば妥当な判断なのかもしれない。

緊張と重圧の1年間

  • Q12 なぜ 9 回も ATM を止めた?
  • Q13 移行失敗をなぜ回避できた?
  • Q14 1 万 7000 人の操作訓練はどうした?
  • Q15 目に見える成果はあった?
  • Q16 投資回収の見込みは?
  • Q17 経費率はどこまで下がる?
  • Q18 開発力は上がった?

入念に計画した段階リリースと運用訓練によりトラブルなくシステムを移行。

5 年間で 720 億円の費用削減を見込んでおり、SOA 化などにより実際に新規開発コストを削減。

また、社内で益荒男 (ますらお) が育ち、海外の大規模開発などで一騎当千の活躍をしているとのこと。

プロジェクトマネジメントなど抽象度の高いタスクに取り組んでいたエンジニアには得難い経験になったことと思う。ぜひ超大規模案件における知見を活用して活躍してほしい。

設計や実装など具体的なタスクに取り組んでいたエンジニアも、もし赤や緑の類似案件があった際には引っ張りだこになるといいなと思う。

進退かけて指揮した

  • Q19 インタビュー「経営責任」果たせたか?
  • Q20 「3 度目」は起こらない?

2018-01-15 にみずほ証券社長からみずほフィナンシャルグループ社長に抜擢された坂井辰史氏のインタビュー。

社長になるのは自分の首を洗っておくこと、という言葉が印象深かった。

IT 人材のビジネスリテラシーが高くないとも仰っており気になったが、インタビュー記事では深掘りされておらず具体的にどのような課題なのか分からなかった。

感想

大変な規模の案件を、従来の多重下請け構造と一部にレガシーなメインフレームCOBOL を残した SOA で実現したと理解した。

他に類を見ない事例であることは間違いなく、関わったエンジニアのみなさんにはお疲れさまでしたという気持ちと共に、貴重な経験を活かして今後も活躍してほしいと思う一方、この事例がエンジニアにとって未来の希望や発奮材料になり得るかと言うと、ちょっと厳しいかなーという印象。

とにかくレガシーというイメージがよくない。

古くからあるものが再評価されて名前を変えてエンジニアに受け入れられた事例は多いし、マイクロサービスも SOA の再発見と言えないこともないと思うので、メインフレームCOBOL も少しいじって名前を変えるだけでずいぶん状況が変わるのではないだろうか。

メインフレームはなんかすごい速いすごいマシンということにすればよいし、そもそも開発終盤まで意識することは少ないと思うので影響は小さいはず。

COBOL の採用理由が二進化十進法による誤差のない計算にあるのであれば、その機能を持つモダンなプログラミング言語を開発してしまえばいいのではないかと思った。

きちんとコンピュータサイエンスを履修していない素人の妄想に過ぎないけど、Go や Swift などを思い返すと自分たちのシステムを支えるプログラミング言語そのものを開発するという発想は特にクレイジーではないし、4000 億円の 1% でも投入すれば意外となんとかなったりしないだろうか。

モダンなプログラミング言語で最高のパフォーマンスとセキュリティを求められる超大規模開発と聞けば、腕が鳴るというエンジニアは少なくないように思うし、そこに名乗りを上げるエンジニアにはそれなりに期待して良いように思った。